閉じる

研究発表会

  1. ホーム
  2. 研究発表会
  3. 発表者の皆様へ

発表者の皆様へ

発表要領(口頭発表)

  1. 発表は、Zoomを使って行っていただきます。
    セッション開始の15分前までに, セッション会場へアクセス(厳守)下さい。
    【注意】同一会場でも,ZoomのURLは,午前と午後で異なりますのでご注意ください。

  2. セッション会場へのアクセス方法
    1. ポータルサイトのURL(https://mtg.acoustics.jp/)にWebブラウザでアクセス
    2.  「スケジュール」欄のメニューから,ご自分の会場へのサイトへ移動
    3. 自身の会場へのリンクをクリック(必要があればZoomアプリケーションが自動インストールされます)して入場
      リンク先へのアクセス時に,User IDとパスワードによる認証が必要です。
      – User ID: 事前参加登録受付時の4桁の数字
      – パスワード:事前参加登録の際にメールで送付されたもの
    4. お願い:Zoom名は,P_氏名(所属・User ID)としてください。「P_」はPresenterの頭文字です。
      例:P_音響太郎(音響大学・9999)
    5. 会場へ到着したら、会場係に共同ホスト権限の付与をご依頼ください。共同ホストになることで,発表資料の共有権限が付与されます。
      なお,会場係のZoom名は S_氏名(所属・UserID),座長・副座長のZoom名は C_氏名(所属・UserID)です。R_氏名(所属・UserID)は,研究委員会幹事など座長・副座長の補佐をお勤め頂ける皆様です。
  3.  発表方法
    1.  座長が講演者を紹介している間に下記の準備をしてください。
      なお、前の講演・議論が終了していなくても,前の発表の計時画面が14分経過したら準備を開始してください。
      • 画面共有機能を用いてパワーポイントなどのご自身のアプリケーションをセッションの参加者に共有して下さい。
      • デモの音を使う場合は,画面の共有の際に「コンピューターの音声を共有」をチェックしてください。
    2. 準備ができたら,音声のミュートが外れていることを確認してプレゼンテーションを始めて下さい。発表時間は厳守お願いします。講演時間12分,質問時間3分(交代時間含む)です。
    3. 明瞭な音声入力および視聴のために,ヘッドセットマイク,またはヘッドホン・イヤホンをお持ちの方はぜひご利用ください。
  4. 質疑方法
    座長が質問者等を指名して発言があったら,マイクロホンを通して議論をしてください。
  5. 発表終了
    1. 発表が終了したら「共有の停止」を押して次の講演者が画面共有できるようにしてください。
    2. セッション終了後は,Zoom名を変更し「P_」の文字を削除して一般参加者としてご参加下さい。
      例:音響太郎(音響大学・9999)
  6. その他
    1. トラブルのために発表できなかった場合は,第3会場にて別時間にて発表を行えますが,基本的に座長の指示に従って下さい。会場に入れずに座長と連絡が取れない等の場合は,直接,遠隔開催実行委員会(asj-online (at) acoustics.jp)宛てに,メールで講演番号,氏名とトラブル内容,希望日時(第1希望,第2希望まで)を書いて再発表を申請してください。発表日時は,座長と遠隔実行委員会が調整して案内します。
    2. セッション会場へアクセスできない場合は,相談窓口Zoom(ポータルのトップページからリンク)またはasj-online (at) acoustics.jp にご連絡ください。
    3. 9月3日と9月4日の午後に,学会のZoomを利用した予行演習ができるよう準備中です。詳細は,学会HPメールでご案内します。
      Zoom接続テスト時の説明資料
    4. 予めご自分でZoomをPCにインストール(無料)して,発表練習をすることもできます。

発表資料作成時の注意事項
  • オンライン発表は著作権法上の公衆送信にあたると考えられますので,スライドや映像・音声などのコンテンツは著作権上の問題がないものに限るようご留意ください。また,必要な場合は著作権の権利者から事前許諾を得てください。
  • プレゼンテーション資料の著作権は発表者に帰属します。当該資料が第三者の権利や利益を侵害した場合,発表者が一切の責任を負うことになりますのでご注意ください。

発表要領(ポスター発表)

2020年秋季研究発表会におけるポスターセッションは,

1) 発表者が作成したポスターを掲示するwebサイト(「ポスター掲示サイト」)(Moodleを利用)
2) 発表者と聴講者がリアルタイムに質疑を行う「ポスター・質疑セッション」(Zoomを利用)
の2つにより行われます。

「ポスター掲示サイト」にあるポスターは,会期中を通して閲覧が可能です。学会参加者は,フォーラムやチャット機能で質問等を記入することができます。講演者は,会期中随時自身のポスターに書き込みが無いかをチェックして,議論に対応してください。

「ポスター・質疑セッション」では,ポスター講演それぞれにZoomのURLを割り当てます。時間は40分で対応は講演者の義務です。通常のポスターセッションのように,口頭での質疑をしてください。

  1.  【会期前】ポスター掲示サイトの準備
    1. 8月27日ごろからポスター掲示サイトにアクセスできます。会期前日9月8日までにポスターをサイトにアップロードしてください。アップロード方法の詳細は,こちら
      なお、会期初日(9月9日)の午前中に,ポスター掲示状況をチェックさせて頂きます。
    2.  掲示するポスターの形式:ポスターは原則pdf形式とします。音声等を埋め込んでも構いません。また,著作権侵害の懸念がある場合は,印刷・改変を制限するなど,適切なセキュリティ設定をお願いします。掲示素材は,合計100Mbyteを上限とします。
    3.  ポスターの代わりに自身の発表の説明動画をyoutubeなどの動画サイトにアップロードして,リンクを張ることも可能です。pdfポスターとの併用でも構いません。動画準備,アップロード,リンクの用意等については,発表者ご自身で行ってください。
  2. 【会期中】ポスター掲示サイト内のテキストによる質疑
    ポスター掲示サイトには,テキストによる質疑が行える環境を用意します。参加者は,ポスターを見て質問やコメントを会期中いつでも書き込むことができます。発表者は,随時チェックをして議論をしてください。
  3. 【指定時間】ポスター・質疑セッションへのアクセス
    1. 参加時間:ポスター個別の質疑セッションの時間をプログラムで確認し,開始5分前までに,ポータルサイトからZoom URLにアクセスしてください。
    2.  質疑セッションへのアクセス手順①:
      ポータルサイトのURL(https://mtg.acoustics.jp/)にWebブラウザでアクセス
    3. 質疑セッションへのアクセス手順②:
      ポータルの「ポスター 会場別」から,自分の発表に移動し,自身のZoom会場へのリンクをクリック(必要があればZoomアプリケーションが自動インストールされます)して入場
      Zoom会場リンク先へのアクセス時に,User IDとパスワードによる認証が必要です。
      – User ID: 事前参加登録受付時の4桁の数字
      – パスワード:事前参加登録の際にメールで送付されたもの
    4. お願い:Zoom名は,P_氏名(所属・User ID)としてください。「P_」はPresenterの頭文字です。
      例:P_音響太郎(音響大学・9999)
    5. 会場へ到着したら、会場係に共同ホスト権限の付与をご依頼ください。共同ホストになることで,発表資料の共有権限が付与されます。
      なお,会場係のZoom名は S_氏名(所属・UserID),座長・副座長のZoom名は C_氏名(所属・UserID)です。R_氏名(所属・UserID)は,研究委員会幹事など座長・副座長の補佐をお勤め頂ける皆様です。
  4.  【指定時間】ポスター・質疑セッションでの質疑の方法
    1. 個々のZoom URLに質疑の参加者が随時集まりますので,音声ミュートを解除されていることを確認して説明・質疑を行ってください。
    2. 必要に応じて,画面共有機能を用いてご自身のプレゼンテーションをセッションの参加者に共有して下さい。デモの音を使う場合は,画面の共有の際に「コンピューターの音声を共有」をチェックしてください。
    3. 座長・副座長は,個々のポスター質疑に常駐していません。
    4. Zoomのチャット機能も随時お使いいただいて構いません。
    5. 質疑時間は40分です。40分の後,5分の準備時間を用意していますが,次の質疑セッションで同じZoom URLで行う場合があります。終了時間は厳守してください。
    6. 明瞭な音声入力および視聴のために,ヘッドセットマイク,またはヘッドホン・イヤホンをお持ちの方はぜひご利用ください。
  5. 発表終了
    1. 発表が終了したら必要に応じて「共有の停止」を押して次の講演者が画面共有できるようにしてください
    2.  セッション終了後は,Zoom名を変更し「P_」の文字を削除して一般参加者としてご参加下さい。
      例:音響太郎(音響大学・9999)
  6. その他
    1. 質疑セッションでトラブルが生じZoom発表できなかった場合でも,ポスター掲示サイトでのプレゼンテーションが行われているため,特に救済措置は行わない予定です。
    2. セッション会場へアクセスできない場合は,相談窓口Zoom(ポータルのトップページからリンク)またはasj-online (at) acoustics.jpにご連絡ください。
    3. 9月3日と9月4日の午後に,学会のZoomを利用した予行演習ができるよう準備中です。詳細は,学会HPメールでご案内します。
      Zoom接続テスト時の説明資料
    4. 予めご自分でZoomをPCにインストール(無料)して,発表練習をすることもできます。

発表資料作成時の注意事項
  • オンライン発表は著作権法上の公衆送信にあたると考えられますので,スライドや映像・音声などのコンテンツは著作権上の問題がないものに限るようご留意ください。また,必要な場合は著作権の権利者から事前許諾を得てください。
  • プレゼンテーション資料の著作権は発表者に帰属します。当該資料が第三者の権利や利益を侵害した場合,発表者が一切の責任を負うことになりますのでご注意ください。


ページの先頭へ