日本音響学会

音のなんでもコーナー

Q and A (016)

Q:

テレビが古くなったせいか,音声の音量に関係ないピーという音らしきものが聞こえ,耳が大変疲れます。この音らしきものは画面の明るさと関係しているようで,私の家内には聞こえません。これは何でしょうか?

A:

私達の見ているテレビは線を走査して2次元の画面にしています。そのために切替のきっかけを作る 15.75 kHz の水平同期信号を発振しています。この振動がトランスのコアなどから出て耳に聞こえることがあります。若い人は大体聞こえますが,年をとると聞こえなくなります。この同期信号の音だとしたら,まだ耳が良く老化が進んでいない証拠でしょう。この音は画面の明るさとは関係ありませんが,テレビの後ろに吸音材(布など)を置くと,テレビの前では聞こえなくなると思います。古くなって裏ブタがとれていると聞こえ易くなりますが,プラスチック一体成型の最近のテレビでは古さと関係ありません。

菅谷 汎(九州芸工大)