閉じる

学会の概要

  1. ホーム
  2. 学会の概要
  3. 正副会長選挙及び代議員選挙の告示

正副会長選挙及び代議員選挙の告示

会員各位

選挙管理委員長 坂本慎一


令和2年度は,役員及び代議員改選の年にあたります。そこで,正副会長予定者を選出する選挙及び代議員を選出する選挙(代議員選挙)を実施いたします。これらの選挙のために,令和2年9月よりそれぞれの候補者の選出手続きを開始し,選挙権を有する正会員(令和2年12月の役員会以前に入会が認められた正会員。名誉会員・終身会員を含む)には,令和3年1月に投票用紙を発送する予定です。
選出された代議員予定者は,代議員選挙が終了したときをもって代議員に選任されます(定款第11条4項,代議員選出規則第2条)。ここで,代議員選挙が終了したときとは,(現)会長が代議員予定者の名簿を(現)理事会に報告したときをいいます(選挙管理委員会規則第4条)。選挙で選ばれた正副会長予定者は,令和3年5月に開催を予定する通常総会の決議によって,それぞれ,会長候補者及び副会長候補者に選出され,理事会において会長,副会長に選定されます(定款第22条第1項及び第2項)。

参考規則
(定款第11条4項)
第11条 略
4 第2項の代議員選挙は,2年に1度実施することとし,代議員の任期は,選任の2年後に実施される代議員選挙終了の時までとする。以下省略

(代議員選出規則第2条)
第2条 第8条の書面投票による選挙(以下,「代議員選挙」という。)によって選出された代議員予定者は,代議員選挙が終了した時をもって代議員に選任される。

(選挙管理委員会規則第4条)
第4条 会長が代議員予定者の名簿を理事会に報告した時をもって,定款第11条第4項の代議員選挙終了の時とする。

(定款第22条第1項及び第2項)
第22条 理事会は,会長を選定する。この場合において,理事会は,総会の決議によって会長候補者を選出し,理事会において当該候補者を選定する方法によることができる。
2 理事会は,副会長を選定する。この場合において,理事会は,総会の決議によって副会長候補者を選出し,理事会において当該候補者を選定する方法によることができる。
3 略

 

「代議員候補者立候補届受付について」はこちら

 

ページの先頭へ