閉じる

学会誌・AST誌

  1. ホーム
  2. 学会誌・AST誌
  3. 日本音響学会誌閲覧

日本音響学会誌閲覧

和文誌目次

発行後半年後の記事は全て、こちらのページの検索窓から検索頂けます

和文誌の広告掲載は,(株)科学技術社で扱っています。詳細はこちらをご覧ください。

日本音響学会誌 Vol.75 2019 目次

  • 第75巻1号: 小特集<海洋音響>
  • 第75巻2号

日本音響学会誌 Vol.74 2018 目次

日本音響学会誌 Vol.73 2017 目次

  • 第73巻1号: 小特集<音声言語処理における深層学習>
  • 第73巻2号
  • 第73巻3号: 小特集<頭部伝達関数とその応用>
  • 第73巻4号
  • 第73巻5号: 小特集<高齢者や視覚障害者に配慮した音環境>
  • 第73巻6号
  • 第73巻7号: 小特集<音波と気泡>
  • 第73巻8号
  • 第73巻9号: 小特集<再考・ディジタル信号処理>
  • 第73巻10号:小特集<聴覚末梢系に係る最近の研究事例>
  • 第73巻11号:小特集<交通騒音:音源側と受音側の両視点から>
  • 第73巻12号

日本音響学会誌 Vol.72 2016 目次

  • 第72巻1号: 小特集<音楽音響と音楽関連産業>
  • 第72巻2号
  • 第72巻3号: 小特集<子どものための音環境>
  • 第72巻4号
  • 第72巻5号: チュートリアル<はじめての超音波圧電素子
    ―圧電材料の選択法,特性測定法や等価回路,そして応用例について―>
  • 第72巻6号
  • 第72巻7号:小特集<音響に関する施設と装置(前編)>
  • 第72巻8号
  • 第72巻9号:小特集<音響に関する施設と装置(後編)>
  • 第72巻10号
  • 第72巻11号:小特集<音響に関する連成解析>
  • 第72巻12号

日本音響学会誌 Vol.71 2015 目次

  • 第71巻1号: 小特集<聴覚特性の理解に基づく音響電子透かし技術とその評価>
  • 第71巻2号
  • 第71巻3号: 小特集<音響学における未解決問題>
  • 第71巻4号
  • 第71巻5号: 小特集<近年の音響トランスデューサの研究動向>
  • 第71巻6号
  • 第71巻7号: 小特集<生物音響学の最近の動向―発声,聴取機構における種の多様性―>
  • 第71巻8号
  • 第71巻9号: 小特集<音声は何を伝えているか>
  • 第71巻10号:小特集<調音運動の計測とその応用>
  • 第71巻11号:小特集<スパース表現に基づく音響信号処理>
  • 第71巻12号

日本音響学会誌 Vol.70 2014 目次

  • 第70巻1号: 小特集<アクティブ消音技術における最近の動向―二次経路特性変動対策の進展―>
  • 第70巻2号
  • 第70巻3号: 小特集<公共空間における音環境マネジメント>
  • 第70巻4号: 小特集<道路交通騒音の予測モデル>
  • 第70巻5号: 音響教育特集号
  • 第70巻6号
  • 第70巻7号: 小特集<マイクロホンアレイの新しい技術展開>
  • 第70巻8号
  • 第70巻9号: 小特集<歌声の科学>
  • 第70巻10号
  • 第70巻11号: 小特集<低周波音に関する最近の話題>
  • 第70巻12号

日本音響学会誌 Vol.69 2013 目次

  • 第69巻1号: 小特集<証拠による裏付けが求められる音楽療法>
  • 第69巻2号
  • 第69巻3号: 小特集<音響・振動による土木構造物の診断技術>
  • 第69巻4号
  • 第69巻5号: 小特集<人体組織の音響的不均一性と超音波医療>
  • 第69巻6号
  • 第69巻7号: 小特集<話者認識に関する研究の動向>
  • 第69巻8号
  • 第69巻9号: 小特集<道路交通騒音の低減に向けて>
  • 第69巻10号
  • 第69巻11号: 小特集<超音波によるマニピュレーション技術の動向>
  • 第69巻12号

日本音響学会誌 Vol.68 2012 目次

  • 第68巻1号: 小特集<音のデザイン―感性に訴える音が豊かな社会を生み出す―>
  • 第68巻2号
  • 第68巻3号:小特集<携帯情報機器における音響技術>
  • 第68巻4号
  • 第68巻5号:小特集<子どもの音声>
  • 第68巻6号
  • 第68巻7号:小特集<音楽制作を彩る音づくりの技術“エフェクタ”>
  • 第68巻8号
  • 第68巻9号:小特集<音響管による垂直入射吸音率測定>
  • 第68巻10号
  • 第68巻11号:小特集<近年の音響信号処理における数理科学の進展>
  • 第68巻12号

日本音響学会誌 Vol.67 2011 目次

  • 第67巻1号: 小特集<音声合成に関する研究の動向
  • 第67巻2号
  • 第67巻3号: 小特集<動物実験から学ぶ聴覚システム>
  • 第67巻4号
  • 第67巻5号: 小特集<超音波暴露に関する研究の動向>
  • 第67巻6号
  • 第67巻7号: 小特集<音響分野で活用される時間領域有限差分(FDTD)法>
  • 第67巻8号
  • 第67巻9号: 小特集<音楽演奏者の動作解析>
  • 第67巻10号
  • 第67巻11号: 小特集<音場再生技術の研究動向>
  • 第67巻12号

日本音響学会誌 Vol.66 2010 目次

  • 第66巻1号: 小特集<自動音声認識研究の動向と展望>
  • 第66巻2号
  • 第66巻3号: 小特集<最近の超音波モータの研究とその動向>
  • 第66巻4号
  • 第66巻5号: 小特集<機械の振動騒音解析の先進技術とその適用>
  • 第66巻6号
  • 第66巻7号: 小特集<環境問題と音響技術>
  • 第66巻8号
  • 第66巻9号: 小特集<誌上ビギナーズ・セミナー>
  • 第66巻10号
  • 第66巻11号: 小特集<交通騒音問題への取り組み>
  • 第66巻12号

日本音響学会誌 Vol.65 2009 目次

  • 第65巻1号: 小特集<超高周波音の効果に関する最近の話題>
  • 第65巻2号
  • 第65巻3号: 小特集<音支援 (音バリアフリー) を考える>
  • 第65巻4号: 小特集<道路交通騒音の予測モデル>
  • 第65巻5号: 小特集<大学における音響教育の現状>
  • 第65巻6号
  • 第65巻7号
  • 第65巻8号
  • 第65巻9号: 小特集<物理モデルによる楽器音の合成>
  • 第65巻10号
  • 第65巻11号: 小特集<室内音響における拡散研究の最新動向>
  • 第65巻12号

日本音響学会誌 Vol.64 2008 目次

  • 第64巻1号: 小特集<現代のニーズに即した魅力ある音響教育>
  • 第64巻2号: 小特集<音響技術における標準>
  • 第64巻3号: 小特集<MIDI規格がもたらしたものと今後の展望>
  • 第64巻4号: 小特集<建設工事騒音の予測モデル>
  • 第64巻5号
  • 第64巻6号
  • 第64巻7号: 小特集<音で見る,音を見る:アコースティックイメージングの現状>
  • 第64巻8号
  • 第64巻9号: 小特集<工業製品の音のデザイン>
  • 第64巻10号
  • 第64巻11号: 小特集<マイクロホン開発における各種技術分野の動向>
  • 第64巻12号

日本音響学会誌 Vol.63 2007 目次

  • 第63巻1号: 小特集<ロボットにおける音響技術>
  • 第63巻2号
  • 第63巻3号: 小特集<非線形音響技術の医用応用>
  • 第63巻4号: 小特集<聴力保護のための調査研究委員会報告>
  • 第63巻5号
  • 第63巻6号
  • 第63巻7号: 小特集<言語障害を通して再考する音声言語情報処理>
  • 第63巻8号
  • 第63巻9号: 小特集<縮尺模型実験>
  • 第63巻10号
  • 第63巻11号: 小特集<音響配信及び通信における音質変化とその評価>
    (ユーザ名及びパスワードは音響学会誌を参照ください)
  • 第63巻12号

日本音響学会誌 Vol.62 2006 目次

  • 第62巻1号: 小特集<様々な媒質中における波動伝搬>
  • 第62巻2号
  • 第62巻3号: システム論文特集号
  • 第62巻4号
  • 第62巻5号: 小特集<人間の音声情報処理機構の解明に向けて>
  • 第62巻6号
  • 第62巻7号: 小特集<波動としてとらえる地震>
  • 第62巻8号
  • 第62巻9号: 小特集<何故音楽は心に響くのか?:音楽への科学的アプローチの現状>
  • 第62巻10号
  • 第62巻11号: 小特集<最近のスピーカの話題>
  • 第62巻12号

日本音響学会誌 Vol.61 2005 目次

  • 第61巻1号: 小特集 <室内音響における最近の話題>
  • 第61巻2号
  • 第61巻3号 : 小特集 <強力超音波>
  • 第61巻4号
  • 第61巻5号: 小特集 <音と映像で体験できる聴覚の不思議な世界>
  • 第61巻6号
  • 第61巻7号: 小特集 <バイノーラル技術による立体音響再生の動向>
  • 第61巻8号
  • 第61巻9号: 小特集 <音声学・音韻論の過去・現在・未来>
  • 第61巻10号
  • 第61巻11号: 小特集 <音響センシングが拡げる測定技術の世界
    -超低周波から超音波領域まで->
  • 第61巻12号

日本音響学会誌 Vol.60 2004 目次

  • 第60巻1号: 小特集 <身近になったオーディオ符号化>
  • 第60巻2号
  • 第60巻3号
  • 第60巻4号: 小特集 <日本音響学会道路交通騒音予測モデル
    “ASJ RTN-Model 2003”
    日本音響学会道路交通騒音調査研究委員会>
  • 第60巻5号
  • 第60巻6号
  • 第60巻7号: 小特集 <貴重な音声・音楽データの採録・修復・保存を考える>
  • 第60巻8号
  • 第60巻9号: 小特集 <生活環境における振動問題>
  • 第60巻10号: 小特集 <音を巡る著作権の現況>
  • 第60巻11号: 小特集 <音楽音響における最近の話題>
  • 第60巻12号

日本音響学会誌 Vol.59 2003 目次

  • 第59巻1号: 小特集 <末梢聴覚機能解析の動向>
  • 第59巻2号
  • 第59巻3号: 小特集 <音楽への科学的アプローチ>
  • 第59巻4号
  • 第59巻5号: 小特集<騒音・建築音響分野における計測・評価技術の最新動向>
  • 第59巻6号
  • 第59巻7号: 小特集<アクティブ制御のあゆみと今後>
  • 第59巻8号: 小特集 <骨導超音波とその応用>
  • 第59巻9号: 小特集 <最近の医用超音波技術>
  • 第59巻10号
  • 第59巻11号: 小特集 <発話と知覚の相互作用>
  • 第59巻12号

日本音響学会誌 Vol.58 2002 目次

  • 第58巻1号: 小特集 <ホール音響における最近の話題>
  • 第58巻2号
  • 第58巻3号: 小特集 <なぜ耳は二つあるか?>
  • 第58巻4号
  • 第58巻5号: 小特集 <音響・振動による機械装置の診断>
  • 第58巻6号
  • 第58巻7号: 小特集 <母音研究:Chiba & Kajiyamaから最新研究まで>
  • 第58巻8号
  • 第58巻9号: 小特集 <文化財探査に活きる音響技術 -その現状と可能性>
  • 第58巻10号
  • 第58巻11号: 小特集 <建設工事騒音の予測モデル”ASJ CN-Model 2002″
    -日本音響学会建設工事騒音予測調査研究委員会報告->
  • 第58巻12号: 小特集 <携帯電話の音響技術>

日本音響学会誌 Vol.57 2001 目次

  • 第57巻1号
  • 第57巻2号
  • 第57巻3号: 小特集 <聴覚と脳>
  • 第57巻4号
  • 第57巻5号: 小特集 <ソノケミストリー-音波の化学作用>
  • 第57巻6号
  • 第57巻7号: 小特集 <音場解析技術とその将来>
  • 第57巻8号
  • 第57巻9号: 小特集 <ディジタル時代の放送とその周辺技術>
  • 第57巻10号
  • 第57巻11号: 小特集 <技術が変えた音楽の歴史>
  • 第57巻12号

日本音響学会誌 Vol.56 2000 目次

  • 第56巻1号
  • 第56巻2号
  • 第56巻3号
  • 第56巻4号: 小特集 <建築音響関連JISの国際整合化>
  • 第56巻5号: 小特集 <実感させる人間・音楽・演奏>
  • 第56巻6号
  • 第56巻7号: 小特集 <音を絵にする:アコースティック・イメージング小特集>
  • 第56巻8号
  • 第56巻9号
  • 第56巻10号
  • 第56巻11号: 小特集 <音声研究の新たな方向を探る>
  • 第56巻12号

日本音響学会誌 Vol.55 1999 目次

  • 第55巻1号: 小特集 <外国語を話そう!>
  • 第55巻2号
  • 第55巻3号: 小特集 <音響教育の現状と展望>
  • 第55巻4号: 小特集 <新しい道路交通騒音予測法>
  • 第55巻5号: 小特集 <「音をだす,音を取り込む」ときの落とし穴>
  • 第55巻6号: 小特集 <環境振動>
  • 第55巻7号: 小特集 <実用化が進む「弾性波機能デバイス」>
  • 第55巻8号
  • 第55巻9号: 小特集 <流れと音のハーモニー>
  • 第55巻10号
  • 第55巻11号: 小特集 <話す仕組みを巡って:発話機構研究の最前線>
  • 第55巻12号

日本音響学会誌 Vol.54 1998 目次

  • 第54巻1号: 小特集 <音響材料の理論解析の動向とその応用>
  • 第54巻2号
  • 第54巻3号
  • 第54巻4号: 小特集 <道路交通騒音低減手法の最近の動向>
  • 第54巻5号: 小特集 <バリアフリーと音響技術>
  • 第54巻6号
  • 第54巻7号: 小特集 <感性の領域に迫る音処理技術>
  • 第54巻8号
  • 第54巻9号: 小特集 <アジアの伝統的な音楽と楽器>
  • 第54巻10号
  • 第54巻11号: 小特集 <音声対話システムの実力と課題>
  • 第54巻12号

日本音響学会誌 Vol.53 1997 目次

  • 第53巻1号: 小特集 <乗り心地を含めた振動評価>
  • 第53巻2号: 小特集 <音場・音響信号のモデルとその分析>
  • 第53巻3号
  • 第53巻4号: 小特集 <室内音響設計の現状と課題>
  • 第53巻5号
  • 第53巻6号: 小特集 <機械騒音の音質改善>
  • 第53巻7号: 小特集 <海洋音響-その現状と将来>
  • 第53巻8号
  • 第53巻9号: 小特集 <聴覚の基礎研究が切り開く新たな展開>
  • 第53巻10号
  • 第53巻11号: 小特集 <音響信号処理による音声認識性能の改善>
  • 第53巻12号

日本音響学会誌 Vol.52 1996 目次

  • 第52巻1号: 小特集 <音と映像の相互作用>
  • 第52巻2号
  • 第52巻3号: 小特集 <力としての超音波>
  • 第52巻4号
  • 第52巻5号: 小特集 <音楽音響のニュー・フロンティア>
  • 第52巻6号: 小特集 <より良い音を目指して>
  • 第52巻7号: 小特集 <音によるコミュニケーション:その進化と個体発達>
  • 第52巻8号
  • 第52巻9号
  • 第52巻10号
  • 第52巻11号: 創立60周年記念号
  • 第52巻12号: 小特集 <可視化技術:音を見る・音で見る>

日本音響学会誌 Vol.51 1995 目次

  • 第51巻1号: 小特集 <弾性波環境センサ>
  • 第51巻2号
  • 第51巻3号
  • 第51巻4号: 小特集 <音声の明瞭度と認識率>
  • 第51巻5号: 小特集 <マイクロホンアレー>
  • 第51巻6号
  • 第51巻7号
  • 第51巻8号
  • 第51巻9号
  • 第51巻10号: 小特集 <マルチメディアを支える高能率符号化>
  • 第51巻11号: 小特集 <声質:音声言語の多様性に迫る>
  • 第51巻12号

日本音響学会誌 Vol.50 1994 目次

  • 第50巻1号: 小特集 <学会誌 50 巻を迎えて>
  • 第50巻2号: 小特集 <音響計測における確率・統計解析手法>
  • 第50巻3号: 小特集 <道路騒音の予測:
    道路一般部を対称としたエネルギーベース騒音予測法
    (日本音響学会道路交通騒音調査研究委員会報告)>
  • 第50巻4号: 小特集 <建築分野における個体音制御への流れ>
  • 第50巻5号
  • 第50巻6号: 小特集 <快適性向上を求めて>
  • 第50巻7号: 小特集 <音声によるコンピュータとの対話を目指して>
  • 第50巻8号
  • 第50巻9号: 小特集 <耳音響放射>
  • 第50巻10号
  • 第50巻11号: 小特集 <マルチチャネルオーディオの現状>
  • 第50巻12号: 小特集 <聴覚の情景分析>

日本音響学会誌 Vol.49 1993 目次

  • 第49巻1号: 小特集 <カオス>
  • 第49巻2号: 小特集 <室内音響測定のための最新技術:高品質の音響設計をめざして>
  • 第49巻3号: 小特集 <楽器の物理と音色>
  • 第49巻4号
  • 第49巻5号
  • 第49巻6号: 小特集 <快適性向上を求めて>
  • 第49巻7号: 小特集 <音声によるコンピュータとの対話を目指して>
  • 第49巻8号
  • 第49巻9号: 小特集 <耳音響放射>
  • 第49巻10号
  • 第49巻11号: 小特集 <マルチチャネルオーディオの現状>
  • 第49巻12号: 小特集 <聴覚の情景分析>

ページの先頭へ